簿記1級

簿記1級の勉強時間と効率的に勉強できる3つの方法を解説します。

こんにちは会計士てるです。

簿記1級は簿記2級に比べて飛躍的に難易度が上がります。では、実際のところ、合格までにどのくらい勉強時間がかかるかわからない方も多いのではないでしょうか。

今日は、私の実体験も含めた簿記1級合格までに必要な勉強時間についてお話します!

簿記1級合格に必要な勉強時間

これは、独学か学校に通って勉強するかによっても違いますが、まずは一般論としての結論を言いましょう。結論としては、

合格までに1200時間必要です!!

これは、私の実体験とほかの予備校の先生方の意見を集約したものになります。

私は、公認会計士試験の受験期間毎日勉強時間を記録していました。そのうち、財務会計に使った時間が約1500時間~2000時間です。もちろん簿記1級のレベルは公認会計士試験よりも大分落ちますので、この半分750時間~1000時間くらいが簿記1級に必要な時間だと考えられます。

また、私は会計士試験勉強前に簿記2級は合格していました。簿記2級合格までの勉強時間は300時間~350時間だと考えられます。

したがって、合計の1050時間~1350時間の平均である1200時間が合格までの勉強時間の目安になると考えます。

他のサイトをみると合格までに500時間とか600時間とか長くても800時間くらいで記載されていることが多いと思います。しかし、この程度の時間数で合格できるのはかなり頭のいい人か受験勉強になれてる人だけだと思います。

簿記1級は問題の扱っているレベルも出団範囲も簿記2級とは比べ物になりませんので、普段勉強になれてない人や受験勉強を本気でやったことがない人が軽い気持ちで受かるような試験ではありません。

また、上記の数値は予備校に通った場合も勉強時間であります。そのため、独学で勉強しようとしている人であれば、上記の1.5倍から2倍近く勉強時間をかかると考えられます。つまり、1800時間から2400時間程度はかかると思います。

簿記1級を最短合格するためのアドバイス

「じゃあ、私には無理だー」と思われる方もいらっしゃると思うので、次にみるのは効率的に合格できる方法についての私なりのアドバイスです。

①独学だめ絶対

1つ目は独学はしちゃいけないということです。簿記1級に最小の合格時間で合格したい場合、絶対に独学で勉強してはいけません。大原かTACの講座を受けることをおすすめします。

繰り返しになりますが、簿記1級で扱う論点は、非常にイメージしにくいため、独学で勉強していては計算にしろ理論にしろ何をやっているのか分からない事が多く出ると思います。2級まではそう言ったものが出てきても解き方を暗記していれば答えることができました。

しかし、この記事でも指摘している通り、簿記1級の難しさは、本質的な理解をしなければ、本試験で形式を変えられたときに対応できない点にあります。

したがって、理解できていないまま、解き方だけを暗記するのでは簿記1級合格は遠のくばかりです。

大原やTAC等、専門学校の講座では、具体的なイメージを持たせて教えてくれますので、そうした理解を浅さを解消してくれます。

以上から、独学で勉強するのは避け、大手予備校に通うかWEB講座を受講することをお勧めします。

②完璧主義を捨て論点を絞る!

これも資格勉強や受験勉強をやりなれていない方にありがちなのですが、テキストに書いてある範囲の全て重要なわけではありません。

テキストは網羅性を意識されて作られてるので、実際の試験には出ない論点が多く入ってきているのです。

そのため、そうした論点を網羅的に勉強することははっきり言って無駄です。試験にはよく出る論点とあんまりでない論点があります。大抵の試験ではよく出る論点だけ抑えれば合格するようになっています。

簿記1級についても同じで、細かい論点や難しい論点は出ても誰も答えられないので合否を分けることはありません。それよりも出題された場合に他の人が解ける論点を確実に得点できる勉強が必要になります。

したがって、論点を同じように勉強するのではなく、例えば、ABCで重要性を分けて勉強する時間を配分することによって効率的に勉強を行うことができます。

大手の予備校のテキストでは、多くの場合このような重要性による評価分けがなされていますので、その点でも予備校に通う価値はあると思います。

また、もう一点注意すべきは、C論点は勉強する必要がないということです。簿記検定を受ける人はまじめで几帳面な人が多いと思うのですが、そういった人は念のためにとC論点も勉強しちゃいがちです。でもその必要は全くありません。

せっかく重要性で分けても必要がないところに時間を使っていたのでは、効率的に合格することはできません。

勉強するのは非常に重要な論点だけに思い切って勉強する範囲を狭めてみましょう。それが最短で合格する秘訣の2つ目です。

③過去問は宝!

予備校が出す模擬問題や答練は確かに当たるかもしれません。しかし、過去問は実際に出題された問題です。どちらを優先的に勉強すべきかと聞かれたら間違いなく過去問になります。

過去問を見ることによって、本番で出題される問題や出題傾向、予想配点が分かります。

これを分析することで、この試験ではこことここの問題は捨てて、この問題を解けばいいのか」というように本試験における勘が磨かれます

簿記1級の本試験では、難しい問題や見たことないが出題されることがよくあります。その際に、ここは解けなくても合否に問題はないという感覚を持つことは重要になります。

難しい問題が出ても落ち着いて試験に挑めること+過去問を分析して出てくるところから勉強していくことを心がければ、合格は近づきます。

私も実はこれにやられました。合格する一回前の簿記1級試験で、普段は見慣れない問題が出題され、焦ってしまった私は絶対に抑えるべき問題の見直しより、解けていない難しい問題を解くという愚行をしてしまいました。

その結果、64点で不合格になりました。後から見直せば、その時取るべき問題を見直し、ケアレスミスによる失点を防ぐことができていれば合格することができた計算でした。

その経験は公認会計士試験に活かされることになったため、いい教訓だったのですが、最短で簿記1級を合格するためには私のようなミスはしないようにしてください。

そのために、合格するためにどの程度の問題をどの程度の精度で解かなければならないかを過去問を通して見極めてください

ちなみに、簿記1級の試験には傾斜配点がかかっているので、実際の粗点が70%を割っていても合格することはよくあります

ですので、過去問を解くときは粗点70にこだわる必要はなく、その回の合格率をみて目標を調整させてください。

正確な傾斜配点を読むことは難しいのですが、私の経験上、難易度が高い回だと粗点55~60点程度でも十分合格圏内です。普通か簡単な回では粗点65点から70点が必要になってくる感覚です。

簿記1級攻略法まとめ

いかがでしたでしょうか。簿記1級合格に必要な勉強時間は1200時間が当ブログの結論です。

ただし、後半にお話しした3つのアドバイスをしっかり守ることができれば、もっと早く合格することができると思います。

まとめ

①専門学校に通う
②勉強する論点を絞る
③過去問を分析して得点感覚を養う

以上を意識して最短で簿記1級に合格してください。

そしてぜひ公認会計士試験に挑戦を!!

ABOUT ME
会計士てる
大学3年時に公認会計士試験に一発合格。 その後海外留学を経て、大手監査法人に入所。その後、製造系の上場企業の監査業務、IFRS導入支援業務に従事。現在は国際金融部にてフィンテック系企業及び金融機関の監査・コンサルティング業務を行なっている。